Windows10でUnyfyingレシーバーが認識しないときの対処法

この記事は約2分で読めます。

LogicoolのUnyfyingレシーバーがWindows10で認識しなくなって7日…。
マウスとキーボードは通常使用は可能ですが、ボタンのマッピングもできず、キーボードのコントロールホイール機能も使えずあまりにも不便です。

いろいろ試してようやく復活しました。
最悪の場合、Windows10の再インストールまで考えていましたがなんとかなりました。

症状

・マウス、キーボード共に通常使用は可能、ボタンに機能を割り当てる等は不可。
・Unyfyingレシーバーのドライバを入れ直しても変わらず。
・Logicool Optionを起動してもUnyfyingレシーバーが見つからないと表示され進めない。
・Logicool Unyfyingソフトウェアで試してもレシーバーが見つからないと表示され「次へ」が押せない。

接続機器

・キーボード:Logicool CRAFT KX1000s


・トラックボールマウス:Logicool MX ERGO

解決方法

デバイスマネージャーを開き、ヒューマンインターフェイスデバイスの項目を開く

表示→非表示のデバイスの表示をクリックし、非表示のデバイスを表示させる。

非表示のUSB入力デバイス(半透明)を右クリックしアンインストールします。
半透明のもの全部アンインストールします。
解決後に撮った画像なので表示されていませんがエラーになっているLogitechなんとかみたいな名前のものもアンインストールします。

アンインストール後、PCを再起動します。
再起動後、再度Unyfyingソフトウェアを起動し、指示に従いUnyfyingレシーバー接続して完了です。

特に問題ないはずですが、アンインストールも含め自己責任でお願いします。

コメント