theHunter : Call of the Wild 4x4バギーが最高速150kmになる爆速MODを入れてマップを駆け回る

この記事は約3分で読めます。

4×4バギーを爆速にするMODを導入

theHunter Call of the Wild 4x4バギー爆速MOD導入

the Hunter : Call of the Wild だいぶやり込んだのでMODを入れて遊んでいます。
今回はバギーのスピードアップMODが出ていたので入れてみました。

前回導入した俊足MODとやり方は同じです。
とんでもなく爆速です(笑)
最高速90km/hと150km/h、両方入れましたが90kmで十分です。
150km/h仕様のバギーは速度が出すぎて障害物を避けきれずにすぐバギーが炎上します(笑)

赤バギーが最高速150km/h、シルバーバギーが90km/hになります。

上動画のように舗装された道路上では150km/h以上速度が出ます(笑)

MODの入れ方

MODの入れ方はいつもと同じです。
ゲーム用フォルダの中にMOD用のフォルダを作り、そこにMODファイルを入れて、起動オプションに構文を追加してゲームを起動します。

MODファイルのダウンロード

Faster ATV
The ATV is faster up to 150 on the road.

まず上記リンク先よりMODファイルをダウンロードします。
リンク先ページに行き、下画像の赤丸「MANUAL DOWNLOAD」をクリックします。
ダウンロードするファイルは赤バギーなら「atv-24-0-1-1617068755.zip」、シルバーバギーなら「silver ATV 90-24-0-1-1617833954.zip」です。

NEXUSMODSサイトのアカウントを持っていない場合、新規登録して無料アカウントを作成してください。
※アカウントがないとダウンロードボタンは出ません。

赤丸をクリックすると下画面に変わりますので「SLOWDOWNLOAD」をクリックしダウンロードします。赤とシルバー両方欲しいときは前画面に戻り繰り返します。

ダウンロードしたZIPファイルはデスクトップなど、わかりやすいところに解凍しておきます。

Steamでの作業

次にSteam のアプリを立ち上げてライブラリに移動し、「theHunter:Call of the Wild」を右クリックしプロパティを開きます。

プロパティを開いたら「一般」タブにある起動オプションを設定…をクリックします。

起動オプションを設定…をクリックすると下記画像のウインドウが出ますので画像のように下記文字列を貼り付けます。

–vfs-fs dropzone –vfs-archive archives_win64 –vfs-fs .

貼り付けたら「OK」をクリックします。

次に「ローカルファイル」タブをクリックし、ローカルファイルを閲覧…をクリックします。

PCでの作業

NEXUSMODSからダウンロードしてZIPファイルを解凍し「dropzone」というフォルダをゲームのルートディレクトリに貼り付けます。
※前回ご紹介した40%アップの俊足MODを入れてある場合、すでに「dropzone」フォルダは存在しているはずなのでそこに追加します。

“… \ Steam \ steamapps \ common \ theHunterCotW \ dropzone \ editor \ entities \ vehicles \ 01_land \ v001_car_atv \ …”

赤バギーとシルバーバギー両方のMODを入れる場合、上記画像のように2つのファイルを入れます。

ゲームを起動させてロッカーからバギーを呼び出して運転して確認してみてください。
爆速になっていれば成功です(笑)