はじめに

最高峰のPS4コントローラーと呼ばれる米SCUF GAMING社のフラッグシップモデル「SCUF IMPACT スカフインパクト」

特徴は背面にあるパドルと呼ばれる追加ボタンです。
なぜこのようなゲーミングコントローラーが必要かといいますと……

じつは、これまでPS4で遊んだことがなかったので、L3を押してダッシュ、2回押しでオートランという操作が非常に面倒くさく感じたためです。
これまでPS4でFPSゲームをやっていた方なら全く問題のない操作とのことですが、私にはどうもこのアナログスティックのボタンを押す行為が手に馴染みませんでした。

SCUFコントローラーにするメリット

L3・R3ボタンを背面に割り当てることで、アナログスティックの役割をエイムと移動に専念させることができる

例えば、PUBGの場合リーンという操作がありますが、右リーンをするためには、ADSしてR3押し込みが必要です。右アナログスティックでエイムしながらR3ボタンを押し込みすると、エイムがズレて狙い直しになります。背面ボタンにR3ボタンの役割を割り当てることで、右親指は視点移動に専念させることができるようになります。

よく使用するボタンを背面に割り当てることで、アナログスティックから指を離さずにその他の操作ができるようになる

背面ボタンに投稿武器、しゃがむ、ジャンプボタンなどを割り当てることで、親指をアナログスティックから離さずに操作が可能になります。
立ったり、しゃがんだり、ジャンプしながら撃ったりできるようになります。
上下左右のキー、◯X△□ボタンも背面に移動することができます。

掃除などのメンテナンスがしやすい

アナログスティック部分の掃除が非常にかんたんです。純正コントローラーを分解したことがある方はお分かりかと思いますが、純正のDUALSHOCK4はネジを外しただけでは取れません。
とにかく固く、ツメが壊れるのではないかと思うほどパキッと割らなければいけません。

スカフコントローラーの場合、コントローラー自体の分解は必要ありません。
アナログスティックの付け根にある丸いリングをカチッと回しリングを外し、スティックを上に引けば、内部まで掃除ができてしまいます。

キャラクターの移動や視点の移動が激しいゲームは、アナログスティックの付け根部分にスティックが削れた白い粉がたくさん付着します。
スカフコントローラーはこの白い粉の清掃も非常に楽です。

色や仕様など、細かいカスタマイズが可能なので人と違うコントローラーを使うことができる

上の写真はほんの一部で、裏表のカバーや、◯ボタン、LRボタン、十字キー、アナログスティックなどそれぞれの色が変更可能です。
色を組み合わせれば自分だけのコントローラーになって愛着が湧きます。

所有欲が満たされる(笑)

単純に持って操作しているだけで満足感があります。
操作も楽になりましたし、現状不満はありません。

SCUFコントローラーにするデメリット

純正コントローラーより値段が高い

デメリットはこれだけです(笑)
単純に高いです。
国内で購入した場合、最高で39,800円とPS4本体の価格を上回ります。
公式サイトから購入すればフルカスタマイズしても送料込みで2万円ぐらいで購入できます。

クーポンを使って公式サイトからお得に購入

SCUF GAMINGではセールをやったりクーポンを配ったりしています。
5%OFFのクーポンはツイッターで誰かしらがツイートしていますので「scuf coupon」で検索してみてください。