「WeatherLink IP」外出先からでも自宅周辺の詳細な気象情報をチェックするには

weatherlinkIP

「どうしても家で本格的な気象観測をしたい」と思い導入した気象観測装置ですが、今度は外出先からでも自宅周辺の気象情報が見たくなってしまいました。

Davis Vantage Pro2は様々な気象情報が観測できて本当に便利な装置です。
風力発電機を設置してからどうしても現在の風速が知りたくて設置しました。
風速計だけでもよかったのですが自宅にアメダス並みの気象観測システムがあったら便利で面白いかもしれないと思いVantage Pro2にしました。Vantage Pro2は研究機関や学校で採用されていて、その世界では有名な気象観測システムです。

どこからでも自宅周辺の気象情報が取得可能に

本体内部にもデータを残しておけますが、できるならPCに接続してデータの管理もしたい。
Vantage Pro2は世界中にユーザーいて様々なアクセサリーも豊富にあり、気象情報も共有出来てしまいます。
データ管理ソフトウェアのWeatherLinkは USB接続・Serial接続・IP接続の3種類がありますがネット環境さえあればどこからでも簡単にアクセスし、1分前の自宅周辺の気象情報が観測できてしまうWeatherLink IPを購入しました。

iPhone用の無料アプリもあるのでiPhoneを使っているのならWeatherLink IPがオススメです。

日本での価格は55,000円!と、ちょっと高額だったのでアメリカから個人輸入で手に入れました。

日本で購入したところでこのソフトは日本語仕様ではなく英語表示です。
下のサイトは日本に直接発送してくれるのでVantage Pro2本体もここで買いました。

scientificsales
http://www.scientificsales.com/

導入してみての感想

実際に使ってみましたが、かなり便利なソフトです。
自動的にDavis社のサーバーに気象データをアップロードしてくれるので自分で専用のサイトを立ち上げる必要もなく、PCを常時立ち上げておく必要もありません。

ネット環境さえあれば、どこからでも自宅の気象情報を見れるのはうれしい。
自分のPCにも気象データを簡単に取り込めるのでさらに詳細なデータの管理も出来てしまいます。

気象観測が趣味の私には大満足な追加機能となりました。