WINDOWSのフォントをMacみたいに見やすくする方法

WINDOWSのフォントをMacみたいに見やすくする方法

今回のテーマはフォントです。フォントレンダラ「gdipp」をインストールしてストレス解消したいと思います。

Windows標準のフォントが汚くて我慢なりません

なぜなんでしょう!?Macはあんなに綺麗でなめらかなのに。
今まで我慢して使っていましたがもう限界です。
WindowsのフォントをMacのように見やすくてなめらかにしてしまいましょう。

gdipp
本家サイト(英語)

とってもかんたんです。
上記サイトからインストーラーをダウンロードして「gdipp」をインストールするだけで見違えるようなフォントになってしまいます。
32ビット用と64ビット用がありますのでご自分のOSを確認してからインストールしてください。

元のフォント

ClearType_Mincho

ClearType_MSYH

レンダリング後のフォント

gdipp_Mincho

gdipp_MSYH

見やすくなったのが必ずわかるはずです。

いつも使っているアプリケーションの文字もすべて綺麗になり、うっとりしながら画面を見てしまいます。

Windowsユーザーには[gdipp]すごくおすすめです。
無料でこんなに変わるなんて大満足です。
もっと早く知りたかった。

gdippを入れてEvernoteを使うとフォントがおかしくなる

※注 Evernoteを使用している場合、気が狂いそうになる程見づらくなります。

Evernoteは対応していないので標準フォントで我慢するという対策を取ります。
GDIPPの設定を変えて、EvernoteではGDIPPによる表示をさせない対応をします。

設定ファイルは以下の場所にあります
windows32bit版 → C:Program Filesgdippgdipp_setting.xml
windows64bit版 → C:Program Files (x86)gdippgdipp_setting.xml

GDIPPフォルダ内にあるgdipp_setting.xmlをテキストエディタなどで開きます。
<exclude>と</exclude>の間に<process>evernote.exe</process> を挿入します。
こうすればGDIPPはEvernoteでは動かなくなります。
元のWindows標準フォントとなって一応、気は狂いません。

その他の表示がおかしくなるアプリがあればそれも同じように追加すればOKです。
アプリ自体が対応してくれればいいのですがそれまでは一時しのぎとしてこうしておきます。

mactypeという中国産の似たようなのはEvernoteでも問題なく表示されるらしいんですが、中国産はなんだか怖いので私はGDIPPでなんとかやっていこうと思います。