天気が気になって仕方がないので「自宅にアメダス」のようなものが欲しい

vantagepro2

最近毎日天気が気になって仕方がありません。
そこで気象観測装置というモノをアメリカから輸入してしまいました。

今の風速は何メートルなのか?
風はどの方角から吹いているんだろう?
この激しい雨の降水量はどのくらいなんだろうか?
この雨で裏山は崩れたらどうしよう。
今日は満月なのかな?
ずいぶん日が長くなった気がするぞ。
と、毎日毎日お天気が気になって仕方がありません。

自宅で気象観測は珍しいことではありません

こんな悩みを解決してくれるものを探していたらやはりありました。
世界を見渡せば同じような悩みを抱えている人たちが大勢いるんです。

アメダス(AMeDAS)とは「Automated Meteorological Data Acquisition System」の略で、「地域気象観測システム」といいます。雨、風、雪などの気象状況を時間的、地域的に細かく監視するために、降水量、風向・風速、気温、日照時間の観測を自動的におこない、気象災害の防止・軽減に重要な役割を果たしています。

気象観測機器[Davis Vantage PRO2]

風向・風速・屋内外温度・屋内外湿度・体感温度・露点・雨量・気圧 日の出/日の入り・月齢・気圧の傾向・簡易天気予報・アラーム、時計機能など知りたい事が全て分かるので気象観測が趣味な人にとっては魔法の装置です。
アメダスというのは別に雨だけでなく、様々な気象情報を観測するシステムなので、このシステムであればまさにアメダスを自宅に設置できるという事なのです。
こういう機械を気象観測システムといいます。

項目ごとにいろいろアラームがセットできますので例えば風速20m以上になったらアラームを鳴らしたりして、アラームが鳴ったら風力発電機のブレーキをONにするとか湿度が高くなったから除湿機をONにするとかいろいろ使い道がありそうです。

ワイヤレス(無線)タイプは日本では違法なので注意

ワイヤレスで送信できるタイプもあってとても便利そうですが、日本で使うと電波法の関係で見つかると逮捕されるらしいのと電波が不安定で送信ミスがあるとの事です。
本当かはわかりませんが、逮捕も送信ミスもイヤなので無線バージョンはあきらめて有線バージョンにしました。

設置してから思うことは無線バージョンならば設置後でも別の場所に移動するのがラクなんだろうなと思っています。

個人輸入がおすすめです

日本で買うとものすごく高いので下のサイトから個人輸入して買いました。
個人輸入というほどすごいものではなく、欲しいものを選んでカートに入れて英語で日本の住所を入れるだけの事でした。
クレジットカードかPaypalを使えば決済もすぐに終わり簡単です。
私の購入額は$320.99(本体)+$146.34(送料)=$467.33でした。日本で買うよりはだいぶ安いのではないでしょうか。

scientificsales
http://www.scientificsales.com/

センサー部ISS

30mもあるケーブルの取り回しが大変です

取り付け自体は特に悩むことなく本当に簡単にできましたが、ケーブルの取り回しが本当に苦労しました。
ISSセンサーとコンソールを繋ぐ30mのケーブルはグルグルに巻かれていてよじれを直すのにかなりの時間を取らました。
この装置を取り付けるにはケーブルの先端を30分以上持っていてくれる人と30m以上の直線距離があるスペースが必要です。
おそらくこのせいで無線仕様が売れているのかもしれません…。

それ以外は部品も綺麗にまとめられていますし、今まで買った海外製の品物の中では一番日本の製品に近い感じがします。品質もとても良い!

設置してみての感想

今日はとても風の強い日でした。
最大風速11.6m/sで、こんな日に風速が計れてよかった。

小型風力発電機のエアードラゴンは風速2.0m/sから発電開始するとの事だったがこれは本当でした。
ですが風速2.0m/sの風というのは数字では少なく感じますが、実際に計測してみると結構強い風だと分かりました。

ウェザーステーションのコンソールを見ていると我が家に吹く風はまったく安定していない事が分かりました。
風力発電機にとっては大分問題がありそうです。

でもとにかくいろんな気象情報がリアルタイムで見れて大満足です。